新しい扉「Begin(びぎん)」 – 佐賀新聞

現在位置:

2018年度 第2回講師 三遊亭円楽さん

第2回講師 落語家 三遊亭円楽さん

六代目三遊亭円楽さんは、大学在学中に五代目のカバン持ちのアルバイトから落語の世界に入ったという異色の経歴の持ち主。「三遊亭楽太郎」を名乗り入門時から将来を嘱望され、弱冠27歳にして人気演芸バラエティー番組「笑点」の大喜利メンバー入りし、お茶の間を湧かせています。2007年から、福岡市にて「博多天神落語まつり」のプロデュースを手がけ、既に秋の風物詩として定着しています。2010年に六代目三遊亭円楽を襲名しました。当日は抱腹絶倒の語りに大いに盛り上がりましょう。

とき 2018年12月16日(日) 開場/12:30 開演/13:30
ところ 佐賀市文化会館大ホール(全席自由)
テーマ 「笑いある人生」

Profile

青山学院大学在学中、師匠・圓楽の目に留まり、落語の世界に誘われ、前座修行をしながら同大学を卒業。入門時から将来を嘱望され、1977年には、弱冠27歳にして笑点の大喜利レギュラーメンバーに抜擢されました。現在ではそのキャラクターは大喜利に欠かすことのできない存在となっています。また、その間数多くのテレビ・ラジオに出演し活躍してきましたが、本業の落語を愛し続け、中堅となった現在は精力的に独演会を催し、将来の大看板を目指して研鑽を重ねています。