郡市対抗県内一周駅伝 – 佐賀新聞 特別協賛 ネッツトヨタ佐賀 郡市対抗県内一周駅伝

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

=コース紹介・見どころ= 県内各地ぐるり269.9km熱走

2015年02月12日 20時01分
=コース紹介・見どころ= 県内各地ぐるり269.9km熱走
■1日目 基山⇒嬉野 最長11区でエース激突

 午前9時に基山町役場をスタート。全33区間269・9キロのドラマが幕を開ける。

 初日は11区間101・6キロ。前半は高低差の少ない道のりが続く。鳥栖市、みやき町、上峰町、吉野ケ里町、神埼市を通過して佐賀市へ。同市諸富町、川副町を通り、前半ゴールの東与賀農村環境改善センターを目指す。

 後半は5区間で、午後1時に再スタート。佐賀市久保田町、白石町の平野部を進む。注目は鹿島市役所から嬉野市の佐賀西信用組合嬉野支店前までの最終11区。鳥越峠を越える大会最長17キロの難所攻略に、各チームのエースランナーが挑む。


■2日目 嬉野⇒玄海 長距離区間攻略がカギ

 12区間92・1キロで争う。前半の長距離区間の出来がレースを大きく左右する。

 前半は嬉野市役所嬉野庁舎を9時にスタート。同市塩田町を経て武雄市に入る。武雄高から有田町東庁舎への14区、前半ゴールの伊万里市民センターまでの15区は、それぞれ14・3キロ、15・7キロの長丁場となる。

 後半は午後0時40分に再スタート。18、22区は女子選手、19~21区は男子中学生によるスピード勝負が予想され、各チームの総合力が問われる。最終23区は11・7キロ。アップダウンのある上場大地を横切るように進み、ゴールの玄海町社会体育館を目指す。


■3日目 唐津⇒佐賀 総合力問われる最終日

 3日間で最も短い10区間76・2キロで競う。男子高校生も登場し、最終日を盛り上げる。

 唐津市役所前を午前9時スタート。この日最長の24区(14・4キロ)では、各チームのエースが激突する。唐津市相知町、厳木町を通って多久市へ。27区(8・9キロ)には難所の馬神峠が待ち受ける。28区(9・4キロ)は大町町を経て前半ゴールの江北町役場前に向かう。

 後半は午後0時40分スタート。29区(10キロ)を走る男子高校生に注目が集まる。31、32区は女子選手が登場。最終33区は大和から南下し、同2時10分ごろ、佐賀新聞社前にゴールする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース

現地号外

佐賀新聞特報

ガンバレ!郷土ランナー 応援メッセージ募集中
大会運営車ネッツトヨタ佐賀