郡市対抗県内一周駅伝 – 佐賀新聞 特別協賛 ネッツトヨタ佐賀 郡市対抗県内一周駅伝

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

小城、佐賀軸V争い 唐津・玄海、伊万里など追う

2015年02月13日 09時50分
 第55回郡市対抗県内一周駅伝大会(佐賀新聞社・佐賀陸上競技協会主催、ネッツトヨタ佐賀特別協賛)は13~15日、13チームが全33区間、269・9キロで競う。3連覇のかかる小城市と、優勝41度の佐賀市が優勝争いの軸となりそうだが、他チームも第1日前半から力のある選手をつぎ込み「2強」に迫る。

■第1日見どころ

 小城市は1区(8・3キロ)に今泉正和(ひらまつ病院)、前半最後の6区(11・9キロ)にはケニア出身のキラグ・ジュグナ(同)を据え、スピードでスタートダッシュを図る。1万メートル29分台前半の記録を持ち、3日間最長の11区(17キロ)を走る江頭祐輔(明治大)ら後半も穴のない布陣を敷く。

 佐賀市は2区(12キロ)に全日本大学駅伝と箱根駅伝を経験した坂本佳太(上武大)を起用し、爆発力に期待。経験豊富なアンカー名波谷一朗(戸上電機)まで粘り強くつなぎ、3年ぶりの王座奪還へ足がかりを築きたい。

 昨年3位の唐津・玄海は、1万メートルを29分40秒で走る2区松本流星(国学院大)ら前半3区間の走りが鍵。伊万里市は2区徳永渉人(伊万里市教育委員会)ら力のある若手を前、後半にバランス良く配置した。

 前回大会で二つの区間新記録をマークした東島彰吾(拓殖大)を擁する武雄市、成長著しい大学生がメンバー入りした鳥栖市と杵島郡も上位をうかがう。


■登録選手の変更 ( )内は変更前の選手

【鳥栖】平野泰裕=久留米大(光延誠)、久保大地=香楠中(古賀由希也)、選手兼コーチ・山田真=戸上電機製作所(渡邉慎也)、志賀智和=松酒屋(徹島翼)、好貴久=鳥栖工高(吉武佑真)

【神埼・吉野ケ里】木村誠義=目達原自衛隊(石橋優哉)、吉永直樹=目達原自衛隊(黒田歩)、酒見範子=佐賀少年刑務所(追加登録)、池田佳奈=千代田中(追加登録)

【多久】市瀬裕美子=多久中央中教(追加登録)、諸石大晟=北陵高(追加登録)、北川智也=佐賀工高(追加登録)

【伊万里】選手兼コーチ・北村弘樹=名村造船所(坂口剛治)、松本隆佑=白石高(渕上慶一郎)

【西松浦】選手兼コーチ・松尾隆央=伊万里・有田消防組合

【杵島】高良綾太郎=東京農大(片渕恵太)、稲冨智希=流通経済大(山田雅一)、宇佐美聖也=帝京大(溝口亜門)、森綾華=清和高(田中佑香)

【鹿島】有森愛=鹿島西部中(筒井亜美)、白濱夏穂=鹿島西部中(小池彩華)

【嬉野・太良】糸山廉=塩田中(吉村駿希)、山下藍=嬉野中(荒川紅葉)



■応援メッセージ掲載

 佐賀新聞の「県内一周駅伝」特設サイトでは、応援メッセージを掲載しています。投稿はekiden-ouen@saga-s.co.jp

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース

現地号外

佐賀新聞特報

ガンバレ!郷土ランナー 応援メッセージ募集中
大会運営車ネッツトヨタ佐賀