郡市対抗県内一周駅伝 – 佐賀新聞 特別協賛 ネッツトヨタ佐賀 郡市対抗県内一周駅伝

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

県内一周駅伝 1日目レース経過

2016年02月20日 11時57分
■前半

 小森純一基山町長の号砲で3日間の熱戦が幕を開けた。前半首位は小城市。序盤出遅れたものの、4区安藤靖悟と5区大島伸の連続区間賞で追い上げ、6区ジュグナが逆転した。

 2位の杵島郡は2区で坂本圭輔がトップに立ち、以降も粘り強くつないで小城市、佐賀市の2強に食らいついた。佐賀市は3区田中優の区間賞の走りで首位に浮上。4、5区とキープしたが、6区で小城市、杵島郡にかわされた。

 4位は手堅く安定した走りを見せた伊万里市、5位は1区の9位から粘り強く走った鳥栖市が入った。


■後半

 佐賀市の御厨安守副市長が後半戦のスターターを務めた。前半首位の小城市は7、8区でも先頭に立った。9区で杵島郡にトップを渡したものの、10区で平石拓也が再び首位に。5区間中3区間で区間賞を奪う選手層の厚さを見せ、初日を制した。

 杵島郡は9区稲冨智希の区間新の走りなどで2位。佐賀市は2区間で区間2位と力走したが、トップとの差は埋まらず、3位で初日を終えた。

 4位には前半の8位から着実に順位を積み上げた武雄市、5位には手堅くつないだ唐津・玄海が入った。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース

現地号外

佐賀新聞特報

ガンバレ!郷土ランナー 応援メッセージ募集中
大会運営車ネッツトヨタ佐賀