郡市対抗県内一周駅伝 – 佐賀新聞 特別協賛 ネッツトヨタ佐賀 郡市対抗県内一周駅伝

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ヒーロー 杵島快進撃 初日2位

2016年02月20日 12時02分
ヒーロー 杵島快進撃 初日2位
 杵島郡の稲冨智希(流通経済大)が、9区(9・2キロ)で区間新の力走を見せた。同世代のチームメートと手を携え、小城市、佐賀市の“2強”に割って入る快進撃を演出。5位入賞を目標に掲げるチームを勢いづかせた。

 先頭の小城市と20秒差でたすきを受けると軽快にピッチを刻み、5キロ付近で小城市を捕捉。地元白石町の声援を力に、7キロ手前で先頭に躍り出た。その後も「区間新を狙え」という岩永茂監督のげきに「少しでも“貯金”できれば日間賞も」と快走。28分6秒の区間記録でつないだ。

 この日、稲冨には燃える理由があった。スタートを任された内山勝太(福岡大)や2区でトップに立った坂本圭輔(城西大)、6区で区間賞を取った片渕恵太(立命館大)、11区を担った高良綾太郎(東京農大)は、白石高時代にしのぎを削ってきた同世代。良きライバルの躍動に「刺激を受け」、結果で示した。

 若手だけでなく、全区間が7位以内と安定した走りに、岩永監督は「先頭を2回も走るなんて思っていなかった。想定外の出来」と手放し。稲冨は「チームの目標に貢献できるように、“貯金”を自分がつくる気持ちで走る」と、10年ぶりの3位以内も視野に闘志を燃やす。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース

現地号外

佐賀新聞特報

ガンバレ!郷土ランナー 応援メッセージ募集中
大会運営車ネッツトヨタ佐賀