郡市対抗県内一周駅伝 – 佐賀新聞 特別協賛 ネッツトヨタ佐賀 郡市対抗県内一周駅伝

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

県内一周駅伝 最終日 レース経過

2016年02月22日 10時14分
■前半

 坂井俊之唐津市長の号砲で大会最終日がスタートした。前半首位は鳥栖市。24区井筒幸一、27区好貴久が区間賞の走りを見せ、アンカーの鶴田健太はハイペースで首位を走る杵島郡をとらえ、トップでフィニッシュした。

 2位は小城市。5位発進となったが、粘り強く追い上げ巻き返した。3位は2日目までの累計タイムで首位の杵島郡。25区森智哉の区間賞の力走でトップに躍り出たが、その後ペースダウン。累計で小城市に3秒差に詰め寄られた。4位は佐賀市、5位は伊万里市。


■後半

 最終日後半は田中源一江北町長がスターターを務めた。5区間中3区間で区間賞を奪った佐賀市が1位。29区大坪桂一郎がトップでたすきをつなぐと、一度も首位を譲り渡さなかった。

 2位は伊万里市。8位スタートとなったが、30区中島優大や32区内野加那子の区間2位の走りなどで順位を上げた。

 4連覇がかかる小城市は3位。30区大島伸が区間賞の好走を見せた。

 女子区間で猛追した杵島郡が4位。5位は粘走した鳥栖市で、日間3位にランクインした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース

現地号外

佐賀新聞特報

ガンバレ!郷土ランナー 応援メッセージ募集中
大会運営車ネッツトヨタ佐賀