郡市対抗県内一周駅伝 – 佐賀新聞 特別協賛 ネッツトヨタ佐賀 郡市対抗県内一周駅伝

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

県内一周駅伝 大会講評

2016年02月22日 10時15分
県内一周駅伝 大会講評
■佐賀陸上競技協会 水田和幸理事長
 「最後まで競り合い白熱」

 最後まで上位が競り合う展開で、白熱したレースができた。優勝を争った2チームに加え、5位争いも3チームが秒差の戦い。1、2日目と厳しいコンディションで棄権した選手もあったが、多くのチームがタイムを短縮して、強化に取り組む姿勢を見せてくれた。

 4連覇を達成した小城は昨年よりタイムを落としたが、それでも勝負強かった。躍進した杵島郡は大学生が奮起し、つなぎ区間も粘りを見せて大会を大いに盛り上げてくれた。

 2020年には東京オリンピック、23年には佐賀国体がある。若い選手には高い目標を持って今後も頑張ってほしい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース

現地号外

佐賀新聞特報

ガンバレ!郷土ランナー 応援メッセージ募集中
大会運営車ネッツトヨタ佐賀