佐賀県少年野球選手権大会・NTT西日本杯争奪大会 – 佐賀新聞

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

=NTT杯少年野球 第1日= 大川投手戦制す

2014年08月10日 14時58分
=NTT杯少年野球 第1日= 大川投手戦制す
 ▽1回戦

有田中部球友(有田町)

      0000000─0

      000201×─3

大川少年(伊万里市)

(有)松尾-岩永

(大)丸尾-前田悠

 大川少年が少ない好機をものにし、有田中部球友との投手戦を制した。

 大川少年は四回、先頭の1番松尾を三塁に送り、3番前田悠、4番中山がヒットエンドランを仕掛けて2点を先制。六回には四球と野選を絡めて追加点を挙げた。主戦丸尾は味方の好守もあり、被安打3の好投を見せた。

 有田中部球友は打線がつながらず、主戦松尾の好投を援護できなかった。

1回戦・有田中部球友-大川少年 有田中部球友6回表1死一塁、1走西村斗(右)が二盗を試みるもタッチアウト=佐賀市のみどりの森県営球場

女子エース丸尾完封

 ○…両チームの堅い守りが光った好ゲームは、女子エース・丸尾優衣を無失策でもり立てた大川少年が有田中部球友を3-0で退けた。

 丸尾はストライクを先行させ、内野ゴロを打たせる安定した投球。台風11号による三塁側からの強風にも「調子が良かったし、落ち着いて投げられた」と動じなかった。バックも走者を置いた形で繰り返してきた守備練習の成果を生かした。

 四回には1番松尾祐志を三塁に進め、中軸でヒットエンドランを仕掛けて先制した。丸尾純一監督は「下級生が多く、これでしか点が取れないという形。狙い通りの試合運びをしてくれた」と選手をたたえた。

 県ナンバーワンを決める大会で完封発進。丸尾は「全試合をゼロに抑えたい」と頂点を見据えた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース