佐賀県少年野球選手権大会・NTT西日本杯争奪大会 – 佐賀新聞

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

立花3本塁打逆転

2015年08月10日 10時39分
立花3本塁打逆転


多久東部少年(多久市)


      0100000─1


      000111×─3
立花少年(伊万里市)
(多)深川、古賀-古賀、山口
(立)山口颯-北村
▽本塁打 日浦2、川田(立)
▽三塁打 柴田(多)北村2(立)▽二塁打 山口、山崎(多)


 3本の本塁打を放った立花少年が3-1で多久東部少年に逆転勝ちした。


 立花少年は1点を先制されるも四回、4番日浦の本塁打で追いついた。五回には9番川田の本塁打で勝ち越し、六回には日浦が2本目の本塁打で突き放した。


 投げては山口颯がコースを突く投球で1失点に抑えた。


 多久東部は二回に7番中尾武のスクイズで先制したが、追加点が奪えなかった。


 
■川田勝ち越し弾で流れ立花


 「打った瞬間、ホームまで行けると思った」。立花少年の9番川田遼太は笑顔を見せた。1-1で迎えた五回2死、右中間を破る勝ち越し本塁打を放ち、2回戦突破を呼び込んだ。


 二回に先制を許す苦しい展開だったが、主戦山口颯天を中心とした堅い守りで、その後は相手打線を無得点に抑え続けた。


 守備から流れを引き寄せるかのように四回、五回、六回と4番日浦亜生、川田の本塁打が飛び出し、勝ち越しに成功。攻守一丸で勝利をつかんだ。


 立花少年は部員12人。「少ないけれどみんなで戦うのが立花」と森元一監督は話す。殊勲の本塁打を放った川田は、次戦も「チームのために、しっかりと塁に出る」と気を引き締めた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース