佐賀県少年野球選手権大会・NTT西日本杯争奪大会 – 佐賀新聞

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

開成先制逃げ切り

2015年08月10日 10時40分
開成先制逃げ切り


鎮西少年(唐津市)


      0000010─1


      020001×─3
開成少年(佐賀市)
(鎮)三宅-廣田
(開)小池、大橋心-山下遥
▽三塁打 三宅(鎮)山下遥(開)


 開成少年が序盤のリードを守りきり、粘る鎮西少年に競り勝った。


 開成少年は二回、4番大橋心の内野安打や死球でチャンスを広げ、1死二、三塁から7番山下遥の適時三塁打で2点を先取した。投げては主戦小池、大橋心の継投で鎮西少年の追撃を振り切った。鎮西少年は六回、三宅の三塁打を足掛かりに1点を返したが、後続を断たれた。



■リードもらい好投


 「リラックスして投球できた」。低めを突く丁寧なピッチングで凡打の山を築いた開成少年の小池将太郎は、味方が取ってくれた先制点を好投の理由に挙げた。


 二回裏、1死二、三塁のチャンスで打席に立った“女房役”の山下遥暉は「何とか投手を楽にさせてやりたかった」。狙い球のアウトコース低めの速球を力強く振り抜いて三塁打とし、2点を呼び込んだ。


 「後ろに大橋心がいてくれるので安心だった」とも話す小池は6回途中で大橋心地にスイッチ。開成少年自慢の投手リレーで、鎮西少年の反撃を1点に抑えた。


 「2人の投手で流れをつくるのがうちのパターン」と塚原靖彦監督は話す。投打がかみあい、さらに上位進出をうかがう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース