佐賀県少年野球選手権大会・NTT西日本杯争奪大会 – 佐賀新聞

現在位置:
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

準々決勝 手堅く走塁、若楠が快勝

2015年08月11日 11時23分
準々決勝 手堅く走塁、若楠が快勝


 そつのない走塁を得点に絡めた若楠少年が大川少年を6-1で下した。


 初回、2番吉武の二塁打と重盗などで2死二、三塁とし、5番北原の内野ゴロで守備が乱れる間に2点を先制。二回に1点、五回は1死三塁から3番吉村陸がスクイズで加点した。主戦北原は被安打2、1失点と好投した。


 大川少年は初回、草場遥の適時打で1点差としたが、その後は攻めきれなかった。


■隙見逃さず主導権握る


 6月の全日本学童県大会で3位の若楠少年が、持ち味の“足攻”を武器に大川少年を破って準決勝に駒を進めた。手堅い走塁を得点に結びつけた理想の試合展開に、笠原幸一監督は「隙を見逃さないことを徹底してくれた」とたたえた。


 初回から機動力を発揮した。1死一、二塁から吉武悠人、吉村陸が重盗。直後に2死となったが5番北原旭が打球を転がすと、まず三走吉武が生還。さらに相手守備の乱れを見逃さなかった吉村陸が「1点でも多く」と本塁に突入した。


 得意の形で主導権をつかみ、勝利を手にしたナイン。6月に果たせなかった頂点に向けて残り2勝。吉村陸は「絶対に優勝する」と県一だけを見据えた。



若楠少年(佐賀市)
      2100102─6


      1000000─1
大川少年(伊万里市)


(若)北原-江坂
(大)前田悠、草場遥-草場遥、前田悠
▽三塁打 江坂(若)▽二塁打 吉武、満石、田辺(若)草場遥(大)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

新着ニュース