三人展「Forward Stroke ―明日への眼差し―」佐賀県立美術館 – 佐賀新聞

現在位置:

<三人展>来場者1万人突破

2018年10月31日 20時36分
<三人展>来場者1万人突破
佐賀県立美術館で開かれている「三人展」が30日、来場者数1万人を突破した。1万人目になった嬉野市の荒木トミ子さん(74)ら7人に、松本誠一館長から同展の図録やオリジナルクリアファイル、3人の書籍などが手渡された。

荒木さんらは、ゆめさが大学鹿島校の4期生。卒業後も同窓生で集まり、旅行やウオーキングに出かけている。この日は18人で肥前さが幕末維新博覧会を見に来たといい、荒木さんは「午前中は佐賀城本丸歴史館と美術館の班に分かれた。私たちは美術館チームでラッキーでした」と笑顔を見せた。

荒木さんと観賞した山田シメコさん(71)=鹿島市=は「佐賀にこんな素晴らしい人がいてくれてうれしい。池田さんの作品に込められた思いを読み取るには、時間がいくらあっても足りない」と興奮気味に話していた。

「三人展」は11月18日まで(会期中無休)。観覧料は一般・大学生1200円、高校生以下、障害者手帳を持つ人と介助者1人は無料。

ニュース