三人展「Forward Stroke ―明日への眼差し―」佐賀県立美術館 – 佐賀新聞

現在位置:

個性あふれる「三人展」開幕 県立美術館

2018年10月01日 08時00分
個性あふれる「三人展」開幕 県立美術館
 佐賀が生んだ気鋭のアーティスト3人が競演する企画展「三人展―明日への眼差―」(県立美術館、佐賀新聞社、サガテレビ主催)が30日、佐賀市の県立美術館で始まった。画家池田学さん(44)=米国・多久市出身、陶芸家葉山有樹さん(57)=武雄市山内町、メディア・アーティスト八谷和彦さん(52)=東京・佐賀市出身=が、それぞれの世界観で来場者を魅了している。
 開場式では3人があいさつ。異なる魅力を表現する企画展を紹介しつつ、八谷さんは「『明日への眼差し』という前向きなテーマにぴったりの3人。スタイルは違うが、佐賀人気質といった共通点も感じてもらえれば」と呼び掛けた。
 会場は1人1部屋を個展形式で見せる。池田さんは代表作「誕生」をはじめ、精緻なペン画で独自の世界を描く。葉山さんは、哲学的なテーマを繊細に描く磁器を大胆に使って、インスタレーション空間を表現。八谷さんは、漫画・アニメ「風の谷のナウシカ」に登場する飛行装置「メーヴェ」をイメージし、実際に飛ぶ1人乗り飛行機と、操縦を疑似体験できるシミュレーターも展示している。
 台風接近であいにくの天気だったが、作家3人によるギャラリートークもあり、来場者は熱心に会場を回った。佐賀大3年の中瀬志帆さん(20)と三村郁未さん(22)は「個性的な展示で3人の性格が出ているよう。また見に来たい」と興味を深めた様子だった。
 企画展は肥前さが幕末維新博の特別展として開く。会期は11月18日まで、無休。観覧料は一般・大学生1200円、高校生以下、障害者手帳を持つ人と介助者1人は無料。問い合わせは三人展実行委員会事務局、電話0952(28)2151。

ニュース