三人展「Forward Stroke ―明日への眼差し―」佐賀県立美術館 – 佐賀新聞

現在位置:
  • トップ
  • ニュース
  • <三人展を観て(5)>德安和博さん(彫刻家、佐賀大教授)

<三人展を観て(5)>德安和博さん(彫刻家、佐賀大教授)

2018年10月25日 09時17分
<三人展を観て(5)>德安和博さん(彫刻家、佐賀大教授)
 八谷さんのメーヴェの実機は「すごい」という言葉しか見つからない。さらっと見てはいけない苦労が詰まっている。普通は模型にするまでで、実物を飛ばすのは並の人にはできない。私も造形をしているが、それに動力をつけて飛ばしてしまうなんて思考のレベルを突き抜けてる。
 美術の世界は美しい造形を自身で判断し、正解がたくさんある。ただ八谷さんは美しい形を作ってかつ、飛ばさなきゃいけない。正解がたくさんあるアートの世界とは違い、正解への突き詰め方がすごい。
 池田さんのペン画は知性と感性で楽しませる。良い意味で絵ってこういうもの。言葉で説明がいらなくて、絵だけで完結する。それだけでなく知性もくすぐる。例えば「Untitled」に見る台形のような物は原発じゃないだろうか。隠しテーマのようにさまざまな視点から、やりたいことを見る力があると思う。
 葉山さんのインスタレーション「万花彩壺」は床の間を思わせる台を設定し、しゃがんで眺める展示で和の雰囲気を感じさせる。水琴窟の音を想像させ、お茶でもいただきたい気持ちになる。「有為転変」は、けんかせずに、空間、描写、自然の造形が1つにまとまっている。計算しつくされている展示だった。

ニュース