竹久夢二展 ~佐賀で巡り合う大正浪漫の世界~ 佐賀県立美術館 – 佐賀新聞

現在位置:
  • トップ
  • お知らせ
  • <新鍋理沙のリポーター奮闘記@さが>(8)竹久夢二展 現代らしさ感じた美人画

<新鍋理沙のリポーター奮闘記@さが>(8)竹久夢二展 現代らしさ感じた美人画

2023年01月28日 20時00分
<新鍋理沙のリポーター奮闘記@さが>(8)竹久夢二展 現代らしさ感じた美人画
 少し時間があいてしまいましたが、2023年、明けましたね。お正月、みなさんはゆっくり過ごせましたか? 私は春高バレーのお仕事から始まり、高校生のプレーに熱くなるお正月でした。このコラムも掲載回数が少なくなってきておりますが、残りの掲載も、そして、今年もよろしくお願い致します。 今回は、佐賀県立美術館で開催されている「竹久夢二展~佐賀で巡り合う大正浪漫の世界~」に行ってきました。このような展示会場へ足を運ぶのは、昨年夏にお邪魔した「どがんなっとっと展」以来で、美術展特有の少し緊張感があった中での取材となりました。私は美術展に行くことも初めてだったのですが、率直に感じたこととして、あまりにたくさんの絵や写真があって、一つ一つの作品としても、全体としても、とても見応えがある美術展でした。そして明治や大正の時代にも、こんなにきれいで美しい作品があったのだと正直、驚きました。 竹久夢二といえば、美人画が有名だと聞きました。このような芸術などを全く知らない私の勝手なイメージですが、昔の人の美人像というのは、少しふっくらしていて目も細くキリッとしているというイメージでしたが、美術展に飾られていた竹久夢二の作品は、華きゃ奢しゃで線の細いスラっとした女性の絵が多く、なんとなくではありますが「現代らしさ」を感じさせる美人画が多かったように思います。 また美人画だけではなく、植物や動物をモチーフにした絵画、子ども向けの絵画や童謡なども多く展示されていました。特に子ども向けの作品の中では「双六すごろく」がとても親しみやすく、美人画とはまた違った魅力を感じました。双六も少し挑戦してみたのですが、道筋がわかりやすい作品もあれば、無限にループしてしまうのでは、と思うような作品もあり、やってみても、見ていても、楽しかったです。 最後のエリアにはグッズ売り場も設けられていて、メモ帳やお財布などがあり、中でも椿をモチーフにしたグッズがかわいらしく、何度も手に取ってしまいました。 そんな竹久夢二展は2月12日(日)まで開催されております。ぜひ足を運んでいただき、みなさんも夢二ワールドを楽しんでみてください!     ◇ バレーボール女子元日本代表の新鍋理沙さんが佐賀県内のスポーツ大会やイベントを取材し、思いをつづります。次回は2月下旬に掲載します。

お知らせ