がんばろう10代!スポーツの力で – 佐賀新聞

もっと見る

応援メッセージ応援メッセージ

この企画についてこの企画について

今年は中高生を応援

新型コロナウイルスの感染拡大によって活動が制限されている運動部の中学生、高校生にエールを送ろうと、佐賀新聞社は「がんばろう10代!スポーツの力で」企画に取り組んでいます。佐賀県中学校総合体育大会に合わせて実施してきた「15の夏輝く~がんばれ!中学総体」に代わる特別企画で、タブロイド特集の発行とウェブサイト展開を柱に、例年募集している「応援メッセージ」を拡充。対象を高校生まで広げて写真とメッセージを紹介し、6月13日に開幕した「SSP杯県高校スポーツ大会」向けのメッセージも掲載します。

同じ部活動で汗を流してきた仲間へ。他校でしのぎを削ってきたライバルへ。保護者から頑張る子どもたちへ。目標にしてきた大会が中止になった10代のアスリートを励まし、集大成となるSSP杯などに臨む生徒の声を紹介、エールを送ります。

コロナ禍で大会中止相次ぐコロナ禍で大会中止相次ぐ

高校生「SSP杯」が集大成

SAGA2020 SSP杯県高校スポーツ大会
県高校総体の代替大会となる「SSP杯県高校スポーツ大会」は6月13日に開幕し、バスケットボールをはじめ31競技33種目が開催される=女子バスケットボール2回戦・唐津東-佐賀東  

 

新型コロナウイルスの感染拡大で、佐賀県内の教育現場は大きな影響を受けた。県内の公立学校は感染拡大に伴う政府の全国一斉の要請に伴って3月に休校となり、新学期の4月6日にいったん再開(一部の市町は再開を見送り)。緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大したのを受けて、4月21日から5月13日まで再び全域で休校した。
こうした措置を受け、中学、高校の部活動も制限された。対外試合の自粛が求められ、休校中は部活動が休止を余儀なくされた。九州大会や全国大会に続き、県高校総体、県中学総体も中止に。3年生にとって、高校生は代替大会の「SSP杯」、中学生は地区大会や代替大会が引退前の最後の大会となる。

もっと見る

イベントイラストコンテスト

最優秀賞
船津丸 綾乃さん(城北中1年)
作品タイトル
「正しい道との戦い」
メッセージ
絵に、自分自身との戦いをイメージして、うち勝つところを「勝つ」という思いを込めて柔道にあらわしました。
最優秀賞